2006年11月28日

朝青龍の蹴手繰り「よろしくない」…横綱審議委員会

朝青龍の蹴手繰り「よろしくない」…横綱審議委員会

元々、相撲の最高位は大関
横綱は別格の位置づけ

その位置づけの力士が
このような取り組みで勝つのはどぉかな?
ってとこでしょぉか?

まぁ言ってみれば
国技で古くからのタニマチで成り立ってる競技
こんな発言があってもしゃーないやろな

負けるよりは勝たなあかんねんけど

横綱には
その勝ち方にまでこだわって欲しいってことでしょ

大人と子供の相撲で
子供が突っ込んできたからって
避けて勝つ大人はいない
横綱ってのは相撲の世界では
そぉいう位置でしょ

相撲の世界では
横綱は負け越そうが
全休しようが番付は落ちない

そんな地位に置かれてるってことを分かって欲しいわな

別格の力士に与えられてる称号が横綱なのだから


posted by カロヤン at 09:00| Comment(1) | TrackBack(2) | トラバ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
トラックバックありがとうございます。

何と言うか、波紋を広げましたね。
この朝青龍は何か場所を終える毎にいちゃもんを付けられるというか…。

今回の蹴手繰りは「横綱らしくない」

でも確か横綱らしく堂々受けて立って、
その結果、強さを見せ付ける豪快な叩きつけるような投げや、相手を持ち上げてのつり出し…
コレをやると「対戦相手を思いやれ」

みたいなことを言われ…

このままでは寄り切りしか許されなくなりそうですね…。

勝たなきゃ勝たないで
「横綱は強くなくてはならない」

人気はあったものの、若乃花(勝兄貴の方)なんか強さや格の違いを感じた横綱ではなかったよなぁとか
このニュースを見てすぐ思いましたね。

野球なんかも敬遠してでも最後に目指すのは「勝利」だと言う意見も多いですし…
(自分は1対1の真剣勝負も楽しみたいですが)

子供がただただ突っ込んでくるのを、時には避けることで
「こういう老獪な(いい意味で)戦い方だってあるんだ」
というのを大人は見せてもいいような。
今回はそれを横綱が身を持って教えたというような気もするんですよね。
何も優勝のかかった一番で放ったのではないですし。

どちらにしろ、
大人が子供をあしらうような事が起こりうる取組しか組めない、
現状の横綱以下の力士の実力の無さを嘆くしかないんでしょうかね。残念ですが。
Posted by カプカプ at 2006年11月28日 15:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/28431233

この記事へのトラックバック

もう…なんか…いいよ
Excerpt: 朝青龍の蹴手繰り「よろしくない」…横綱審議委員会(読売新聞) - goo ニュース …いままで横綱になった人の蹴手繰り白星は全部無しにしましょう。 相撲はその昔から続く伝統ある競技ですが、 ..
Weblog: カプカプさんちの炒め物
Tracked: 2006-11-28 15:17

西洋占星術で朝青龍明徳関を占いました
Excerpt: 西洋 占星術 でみる努力家? バランス感覚に優れた相撲? 正直に感情を出す?
Weblog: ズイフー!!ブログ - スプリングポイント
Tracked: 2006-12-16 12:22
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。